PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    メダカを室内のガラス水槽で飼う・・・・・・
    0
      こんにちは、山ちゃんです。
       先日、このブログのコメント欄に一般の方からこのようなコメントが入っておりました。

      「水槽での良い飼い方とは?」

      これは、非常に難しい質問ですね〜・・・・・

      結論から言いますと〜・・・・・・

      「今の時点では、メダカは室内でガラス水槽で熱帯魚のように飼育するのは不向きです!!」

      メダカの飼育というのは非常に簡単でハッポウ容器やバケツなど不透明の容器に水を溜め太陽のよく当たる戸外に置いておけばエアーもろ過器も入れずたいした水交換もしなくても長生きして卵もよく産んでくれます。
      水は、緑色、または茶色、黄土色のように濁っていても容器の底にゴミ(落ち葉、木の枝、虫の死骸など自然のゴミのことです)や多少の糞や泥が溜まっていても何の問題も無く元気に育ってくれます。
      メダカの飼育は簡単で全然、手のかからないお金のかからないものなのです。

      「そんな丈夫な魚なのに何で水槽で金魚や熱帯魚のようにして室内で飼育するとうまくいかないの〜・・・・・????」

      はい、それは室内でガラス水槽で飼育するということは先ほど書いた飼育環境と正反対だからなんです。
      メダカの飼育は簡単で手間のかからない生き物だと書きましたが、まさにそれが仇となっているんです。

      それは、どういうことなのか???

      まず、メダカの生態をよく知ることです。
      メダカは、生態系の中では底辺に位置していてザリガニやフナ、鯉、なまず、エビ、ヤゴ、ゲンゴロウ、カエル、鳥、等々いろいろな生き物達の餌食となりながらも今の世代まで各地域、地域で微妙な進化をしながら絶えることなく生きながらえてきた魚なんです。
      そのため、ほかの生き物に対して非常に神経質で臆病な魚なんです。
      だから進化の過程で保護色機能という周りの景色の色に溶け込んで自分の姿を目立たなくする技?武器?機能が発達したんです。
      そのような魚を四方がガラス張りの水槽で飼育するということは、メダカにとって常に周りから外敵の目にさらされている状態となり緊張状態が解けない状態となるんです。

      皆さんは、こんな経験をしたことはございませんか・・・・?

      「水槽に入れたら、あんなにいい色だったメダカが何でこんなに薄い色になっちゃったの・・・・?」

      はい、これはガラス水槽に入れられたことによって目立たないように自分も透明になろうと保護色機能が働いているからです。
      これは、メダカにとって緊張状態を常に維持しているということなんです。
      私達、人間も周りが敵だらけでいつ殺されるかわからない、ような所に放置されたら極度の緊張状態から精神的に病んでしまいますよね。
      メダカ達も同じです。
      こういう飼育をしているとよく、頭でっかちになり体が痩せ細っていくメダカがポツリ、ポツリ現れてきます。
      これは、ストレスからなる症状でここまで進んだメダカはなかなか治すことはできません。
      人間でも同じで怪我や病気は薬などである程度は治すことが出来ますが、精神的に病んだ病気はなかなか直すことが出来ませんよね。

      そのためメダカ飼育には周りからの外敵の目がさらされない不透明の容器がメダカのためには適していると思うのです。

      ここまでは、容器の問題でしたが、次に置き場の問題があります。
      水槽で飼育するというとどうしても観賞目的となりリビングや玄関など室内の余り太陽光線の当たらない所での飼育となりやすいですですよね。

      これがまたメダカの飼育に良くないんです。
      自然のメダカを観察していると夏でも冬でも天気のいい日はサンサンと降り注ぐ太陽光線の下で群れを成し泳いでいますよね。
      メダカたちは、太陽から降り注がれる微量の紫外線によって自分達の体が病原菌から守られているということ、丈夫な骨が作られると言うことを知っているんだと思います。
      メダカの体が半透明だということも体内まで太陽光線が入りこむように進化してきた結果ではないのかと最近では思うようになってきました。
      それだけ丈夫な元気なメダカを育て上げるには太陽光線が欠かせないのに電気の光だけで室内で飼育していては病気になりやすい弱い体となり、長生きしないというのは当然のことだと思います。
      我々、人間も一緒です・・・・・
      生まれたときから太陽に当たらず室内で育てられたらひ弱な体となり病弱になっていってしまいます。
      メダカも長い間室内で飼育していると頭でっかちな体の痩せ細ったメダカがポツラ、ポツラ現れてきます。
      やはりこれも太陽に当たらないことによるストレスから来ていると思われます。
      これも上記と同じでほとんど治すことができません。

      次に水槽飼育で陥りやすいのがエアーポンプやろ過器の問題です。

      自然のメダカの住んでいるところをよ〜く観察すると・・・・・・・
      水の流れのある所にはメダカはいないんですよね。。。
      魚と言うのは常に水流に逆らって泳いでいます。
      あの小さな体で常に水流に逆らって泳ぎ続けると言うのはメダカにとって体力的に非常に過酷なことなんだと思います。
      だからこそ水流の無いまたは水流の非常に緩やかなところに住んでいるんだと思います。
      そのためほかの魚と違い体力消耗が少なくてすむ分、非常に薄い酸素量でも生きていけるんだと思います。
      それを浅はかな人間の知恵で良かれと思いエアーポンプを入れたりろ過器を設置して水流を作ってしまうから疲れ果て弱っていってしまうんです。

      決してエアーポンプやろ過器が悪いとは言いませんが、これらを使用するときは強い水流が出来ないように弱〜く調整することが不可欠です。
      そうすると水流を利用して水中に舞った汚れを水と一緒に吸い込みろ過器を通して汚れを取り去った綺麗な水を水槽に戻すと言うろ過器本来の働きが失われ、ほとんどろ過器というものが、無意味な存在となってしまうんですよね〜。。。

      メダカは、ろ過器など使わず、メダカの糞や微量の残り餌により発生したバクテリアやプランクトンと同じ水槽で共存することで丈夫に元気に育っていくんです。

      バクテリアやプランクトンを自然発生させるには太陽光線が欠かせないんです。
      バクテリアやプランクトンは決して綺麗な水には現れてきません。
      水の中に糞や餌、木の葉、、土、虫の死骸、など有機物が入りそこに太陽光線が降り注ぐことで光合成がおきいろいろなバクテリアやプランクトンが発生してくるんです。
      それで水が緑色になったり黄土色になったり茶色っぽくなったりしていくんです。これはバクテリアやプランクトンたちの色なんだ、と思えばいいです。
      決して水が、汚れたわけではないんです。
      それが証拠にメダカたちはバクテリアやプランクトンを餌にしてそのような一見汚いように見える水の中で元気に丈夫に育ってくれます。
      プランクトンやバクテリアの中にはメダカにとってよくないものもいるはずなんですが、あえてそれらを淘汰しなくてもそのような生き物、病原体にも打ち勝ってメダカたちは生き残って成長していきます。

      水槽で大事に大事に育て上げられたメダカは、見るからにひ弱ですが、上記のように自然飼育されたメダカは、動きも機敏で体も締まり全然違います。

      これらの理由から「メダカを水槽で室内で飼育する」と言うのは今のメダカでは飼育環境が合わず難しいのではないかと思います。

      何故、「今のメダカ・・・・・」と書いたかと言いますと交配をしていて感じたことですが、メダカは、非常に進化,環境順化の早い生き物だと感じています。
      今の
      メダカを熱帯魚のように室内で電気の光でろ過器を使用し弱い水流のある中で卵を採り孵化させその稚魚も同じ環境で飼育し卵を産ませまた同じ環境で孵化、成長させると言うことを根気よく世代を繰り返していけば熱帯魚と同じ環境で飼育できるメダカになっていくと思っております。
      僕は、これを「メダカの熱帯魚化」と呼んでいますが、このようなメダカの熱帯魚化の進んだものは逆に上記のような自然飼育の出来ないメダカに進化していくと思っています。

      それを、良しとするか、悪しとするかは人それぞれだと思いますが、今の皆さんの飼育環境、ペットやさんの飼育環境、ペットやさんが消費者にするメダカ飼育の説明を見ていますと少しづつメダカの熱帯魚化が進んでいってしまうように感じます。
      ですので時が進むにつれてだんだんと水槽で飼育しやすいメダカと進化していくことでしょう。

      しかし、今の段階では、メダカは、まだまだ室内でのガラス水槽飼育には不向きな魚です。

      そこで僕からの提案です。
      メダカは、1シーズンじょうずに殖やせば10匹が1000匹以上になります。
      卵を採るための大事なメダカは、不透明の容器を使用し太陽の下で放置飼育をし、選別漏れのメダカを室内でガラス水槽飼育ですることをお客さんには進めております。
      選別漏れのメダカでしたら弱ったり死んだりしても惜しげもなく入れ替えたり補充もできますよね。
      そして
      水槽は太陽光の入る窓辺に置き水草を入れ隠れられる所をつくりろ過器は弱めの設定にして飼育すれば室内でも何とか長生きさせることはできます。

      メダカを長生きさせ、じょうずに繁殖させるには、メダカにいかにストレスを与えないようのんびりと過ごせる環境を整えてあげることができるかですよ。。。

      参考になりましたでしょうか・・・・・・・?

      記事に関係ない事柄でも、メダカに関することで何か聞きたいこと判らないことなどございましたらコメント欄に投稿していただければ判る範囲でお答えするようにいたします。





      posted by: 山ちゃん | メダカ | 10:06 | comments(5) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:06 | - | - | - |
        透明な水槽も見るところ以外、内側を目張りしてしまえば、少しはストレスが減ったりはしないんですかね?
        壁側にあるとはいえ、恐らく鏡面のように反射するだろうから、それをなくすだけでも、多少はましにならないのかなー?
        セロファンテープだとはがれてしまうので、
        影響の少なさそうなシリコンで貼り付けるとはがれなくてよさそうだと思います。
        良くないよと言われながらも
        水槽で今現在飼っていますが、
        目に見えてるような変化はないですよ。
        まー人間にも同じことが言えるかと思いますが、
        中には精神が強い気合の入ったやつもいる感じがしますww
        敷いて言うなら、色が消えてます・・・
        保護色ってやつなのか、
        アルビノの血が入っているからかは、
        定かではありませんが・・・確認していませんので^^;
        個人的には、水槽云々よりも、ろ過装置や水流の方が、良くないのかなーと感じます。
        今まであんなに過保護に育てて死んでいったのに、半ば放置で死なないとは・・・・
        気が着かされるって、大事ねー。
        | たけちゃん | 2012/12/01 7:37 PM |
        たけちゃん、こんちは〜・・・・
        たけちゃんの言うとおり水槽の3方を目張りするというのも効果はあると思いますよ。
        よく、水族館などに行くと私達が見学して歩く通路、室内は少し暗めに設定してありますよね。
        あれは、水槽の魚達から私達の姿を見えにくくしているんですよ。そうすることで極力、魚達にストレスを与えないようにしているんです。

        >水槽で今現在飼っていますが、
        目に見えてるような変化はないですよ。

        はい、記事で書いたような症状は早いものは3ヶ月位から、普通は6ヶ月〜1年ぐらいするとポツポツ現れてきます。
        ですので、戸外飼育ですと孵化後1年目の夏と冬を無事に乗り越えたメダカたちは3〜4年くらい長生きするものなのですが、水槽飼育のメダカは、逆に半年〜1年後からポツポツ★となっていくメダカが目立つんですよ。
        そのため戸外飼育のように3〜4年長生きするメダカがほとんどいないんですよね。
        僕の飼育管理が悪いのかもしれませんが・・・・・

        >中には精神が強い気合の入ったやつもいる感じがしますww

        はい、そのとおりです。。
        そういうメダカが、生き残り子孫を残して進化していくことで記事に書いた「メダカの熱帯魚化」がジワリジワリと進んでいき水槽で飼育しやすいメダカとなっていくのでしょう。



        | 山ちゃん | 2012/12/02 8:16 AM |
        透明な水槽を外で飼うのはアリですか
        ?
        | きのこ | 2014/06/15 12:31 PM |
        エアポンプをつけて飼っていたメダカを、急にエアポンプなしに変えて大丈夫なんでしょうか??
        | あーや。 | 2015/07/11 10:26 AM |
        はじめまして
        現在100匹ほどに増えてしまったメダカを屋外で発泡スチロールで飼っています
        このたび引っ越さなくてはいけなくなりました
        メダカの引っ越しはどのような方法をとるのが良いのでしょうか
        是非教えて下さい
        どうぞ宜しくお願い致します
        | ミズノ | 2015/11/07 12:23 PM |